2018年6月

(ご協力いただけるお客様を掲載しております)

    (私の43cm)
東京都と埼玉県の海釣り女性アングラーはルアーで。5ftクラスのトラウトロッドと0、8
号のラインでほぼ小物狙い体制。ニジマスの場合はそれなりのサイズであることは何
度かやりとりしたのですが結果として「ダイワ系列の釣具屋さんがセットしてくれた。」と
のことで大物の話は店員さんには通じていなかったようです。 さすがに細いので1、5
号のショックリーダーを付けることに。 通常は8ポンド(2号)はないと万一の大物に対
処は出来ません。 ところが前日の夏日が嘘のような冷え込みで最高気温は7℃予想
のため近郊で一番気温が上がりそうなところへニジマス狙いに行くことに。到着すると
直前に雨が降った様子で濁りで支流に移動し開始。 20〜25cmがポツポツ釣れるも
減水のため大物は出ないでいると 「大きいのが見えたのですがルアーに来ない。」と
のことでニンフを枝の下に何度か流すと写真の43cmでした 。その後も小物でしたが
倒木横でルアーにヒットしたのはやっとそこそこの 35cmで慎重にキャッチしてもらい
これが最高で終わってしまいました。「直前の雨さえなければ・・・。」(6/9)
   
 

    (Tさんの45cm)
埼玉県のTさん(65歳)はルアーで2日間。10年前に止めていたとのことですが息子
さんに「魚野川を思い出して一度北海道に行って来れば。頼んであげるから。」とのこ
とで思い出を作るため責任は重大です。先ずは「いいサイズのニジマスを狙いたい。」
との希望でニジマスの河川へのんびりと向い8時開始。 200m進んだ小さいポイント
で早速ラインブレイクとなり改めてシステムを作り直すこととなり上流へ。ちょっと広い
ところでやってもらいましたがほぼ ダウンの釣りでしたのでちょっと アップでの練習。
一般的にダウンクロスで狙うと沈めるには限界があります。 アップクロスとターンとの
組み合わせを練習してもらいましたがチビばかりで昼前にやっと練習通りのターンで
45cmをキャッチ。のんびりと昼食後は油断をしていたものかいいサイズはバラシの
連続で終了。2日目は大アメ狙いにしたものの 30cmまでで別の52cmを最高に連
発し「これはこれで!」となりました。移動するもターンが決まらずUターンされるばか
りで更に移動しニジマス狙いに切り替えましたが大物はバラシで終了。(6/21・22)
   
 


     (私の40cm)
千葉県のHさんはフライで。空港に迎えに行きやっと10時に開始となりましたが今季
の最高気温とドピーカンの土曜日・・・。先ずは支流の浅場でやってもらいましたがそ
れでも小さいインジケーターと下を 2mとってのニンフで小さいのをバラシ。 何と言う
釣り方か分かりません(ミャク釣り風?)が私はチビキャッチ。 昼食後は「大物を狙い
たい。」 との希望で深場に移動し私の方式に変えてもらうもチビで大物は姿を見ただ
け。移動するも大物は無く 終了となりました。 2日目はルアーの方が追加となりニジ
マス狙いに。日曜のドピーカンで早く から開始するも「釣れない。」とのことで私が試
すと30cm 。進んで行く もチビのみでしたので戻りながら私が枝下にキャストすると
一発で飛び出したのは写真の40cm。更にその下流で大物がヒットするも痛恨のバ
ラシとなり「条件は悪くてもきちんと流せれば釣れる。」で納得してもらいました。途中
で練習がてら倒れたシラカバに沿って流す練習をし31cmをキャッチ出来て ホッとし
ました。ただ問題としてはインジケーターが走ったので底にいたと言うより飛び出して
きてヒットしたと思われます。戻って最後のポイントに入るも大物は出ないままでお昼
を過ぎ終了。(6/23・24)
 
6月の上旬は最高気温が10℃に満たない日もあれば、連日30℃越えの年もあり油断は出来ません。晴れて気温が上がれば
ハルゼミや水生昆虫のハッチも始まり河川のニジマスや遡上魚が狙えます。 中旬でも気温の心配は残るものの下旬にはハッ
チのピークを迎え川でのニジマス狙いのフライマンは パラダイス!の予定です・・・。今年も中旬に肌寒い日が数日あり辛い想
いをしましたが晴れればまだ釣り人も少なく狙い目です。


6月のお勧め度  上旬5・C・3・2・1  中旬5・C・3・2・1  下旬D・4・3・2・1
釣り方によるお勧め度  エサD・4・3・2・1  ルアー5・C・3・2・1  フライ上旬5・C・3・2・1 中下旬D・4・3・2・1