2017年6月

(ご協力いただけるお客様を掲載しております)
 
(お客さんの47cm)
秋田県のNさんは2日間の予定でしたが初日は雨で気温が下がったため話し合いの
結果で中止。2日目は先ず一匹をキャッチするため早めに出発しました。 ニンフでし
ばらく狙うとヒットするも痛恨のラインブレイクとなりました。下ってキャッチしたのは写
真の47cmで肩の荷がおりました。 今回の目的にはウエットを練習することもあった
ので本流に移動し練習がてら下りながら狙いました。 やや減水し反応が悪いなか少
し水深のある淵で40cm強の・・・マスをキャッチしこちらの目的も達成できまいた。す
ると上流に地元らしいルアーマンが下って来るのが見えましたが引き続き狙っている
と後ろを普通に歩いて行きました。お客さんがいてトラブルにでもなったら困るし気分
も悪いので上がって昼食としました。北海道にはこのような非常識な馬鹿釣り師が多
くて困ります。夕方まで粘りましたが目の前でニジマスにジャンプされたのとバラシで
終了となりました。(6/9 写真の魚が釣れた日
   
 
(お客さんの56cm)
大阪府の I さんも仕事の都合で今年はちょっと早いこの時期に。初日は町内の川湯
温泉で -1、4度と冷え込んだものの日中は晴れ予報なので早めに出発しました。 ニ
ンフで狙いアメの47cmが出てホッ とした後54cmも。40cmまでは数匹でて満足し
移動しました。チビの反応しかないまま進みカーブの深みを上から流し込むと写真の
56cm。その後は出ないので遅い昼食にし十分満足したので早上がり。 サイズは満
足なので翌日は練習を基本にのんびりと釣り下り大物は姿を見せただけでした。3日
目は何かががインジケーターに飛び掛かって驚かされましたが犯人は ・・・マスの40
cmでした。他の反応がないので移動するも先行者有りで昼食。木陰で十分休憩して
から狙うもチビアメ ばかりでした。先に釣ってもらうも反応は無く 練習しながら最後に
私が試すと何と56cmが出てしまいました。 締めがこうなったのは残念でしたが 「ニ
ジマスの記録が出たので良かった!」で終了となりました。(6/13)
   
 
(私の46cm)
群馬県の I さんはフライで3日間。ニンフを覚えて40cm以上のニジマスということで
練習に適し釣れそうなところへ。 練習場所の浅いところにニンフをながしていると30
cm程度のアメマスが釣れて喜んでいましたが偶然です。 これで勘違いをしないよう
に少し水深のあるところ狙うも釣れない。 私が後から釣ると 40cm程度の ・・・マス。
更に同程度のアメ数匹。更に上流の厳しいポイントを念入りに流すと幅広の50cxm
オーバーのニジがヒットし大ジャンプ!お客さんが下にいたので強引に上流に誘導し
たら痛恨のラインブレイク(バーブレス)! 昼食後にやっと40cmの・・・マスを釣って
もらいホッとしました。2日目はドリー?を狙って惨敗。3日目は私が・・・マスやアメな
ど数匹で I さんはチビ一匹のみ。昼食後は休んで開始するも私のニジ30cmのみで
反応無し。 更に後ろから釣りチビアメ数匹位でしたが次のポイントをしつこく流してい
ると写真の46cmがヒットしました。使える写真が無いので確実に上げたい! 疲れさ
せた後に下流の淵に誘導しお客さんには避けてもらいキャッチしました。その後35c
m程度が釣れましたがもういいので強引にやったらバレました。 さすがにお客さんも
挫けたようで終了となりました。大物のニンフは偶然の釣りではありませんので勘違
いしないように・・・。ましてやロッドでもラインの違いでも無く技術です!。(6/30)
 
6月の上旬は最高気温が10℃に満たない日もあれば、連日30℃越えの年もあり油断は出来ません。晴れて気温が上がれば
ハルゼミや水生昆虫のハッチも始まり河川のニジマスや遡上魚が狙えます。 中旬でも気温の心配は残るものの下旬にはハッ
チのピークを迎え川でのニジマス狙いのフライマンは パラダイス!の予定です・・・。今年も中旬に肌寒い日が数日あり辛い想
いをしましたが晴れればまだ釣り人も少なく狙い目です。


6月のお勧め度  上旬5・4・B・2・1  中旬5・C・3・2・1  下旬D・4・3・2・1
釣り方によるお勧め度  エサD・4・3・2・1  ルアー5・C・3・2・1  フライ上旬5・C・3・2・1 中下旬D・4・3・2・1